未成年を守る制度が未成年後見です

両親とも亡くなってしまった未成年の子供の保護は、未成年後見人が行ないます。

未成年を守る役割は本来は両親です。しかし、親が親権を行使できない状況、
例えば両親ともに事故で亡くなってしまったらどうなるのでしょうか。

“未成年を守る制度が未成年後見です”の詳細は »

遺産分割の対象となる財産、ならない財産

相続する財産にはプラスのものもマイナスのものも様々にありますが、そのすべてが遺産分割の対象ということではありません。

被相続人のすべての財産が遺産分割の対象となるのか、といえば
実はそうではありません。

“遺産分割の対象となる財産、ならない財産”の詳細は »

成年後見の制度は種類があります。

成年後見制度では選任された後見人に権限を与えることにより本人の財産や権利を守ることができます。

認知症や障害を持っている人などの理由で判断能力が低下しており、自身で財産管理を
することが難しい人を保護する制度として成年後見制度があります。

“成年後見の制度は種類があります。”の詳細は »

法務局ってどういうことができるのでしょうか

相続登記ではとてもお世話になる法務局ですが、普段はあまりなじみのない場所なのではないでしょうか。

法務局は普通に生活をしているとなかなか行くことのない場所なのでは
ないでしょうか。

“法務局ってどういうことができるのでしょうか”の詳細は »

戸籍の種類や違いは知っていますか

相続人を確定するには戸籍を取り寄せますが、一口に戸籍といっても色々な種類があります。

日本人(日本国籍)である以上私たちには必ず戸籍があります。
戸籍があれば証明書である戸籍謄本、または抄本を取得すること
ができます。
この戸籍ですが、いくつかの種類があります。
“戸籍の種類や違いは知っていますか”の詳細は »

相続で受贈者の一定の親族など特別の関係がある者の範囲

相続に関し、国税庁より発表される受遺者の関係項目や非課税金額

国税庁より発表される受遺者の関係項目や非課税金額は

以下の通りです。
“相続で受贈者の一定の親族など特別の関係がある者の範囲”の詳細は »

相続で財産分けの話し合いをうまく進めるポイント

公平、納得が基本になりますので遺産と相続人の漏れが無いようにしておきましょう。

もめないための相続を上手く進めるポイントをまとめておきました。円滑な相続のために覚えておくと便利です。
その1:相続人をきちんと決めておく。

その2:相続財産が何であるか、相続人全員がきちんと把握しておくこと。きちんと相続財産のリストを作成し、コピーして参加者全員に配布する、等の明瞭性が必要。
“相続で財産分けの話し合いをうまく進めるポイント”の詳細は »

相続の遺言が遺留分を侵害している場合

相続で遺言が遺留分を侵害している場合は、遺留分減殺請求をおこなうと 財産をもらった人からその侵害分を取り戻すことができます。

遺言が遺留分を侵害している場合は、遺留分減殺請求をおこなうと
財産をもらった人からその侵害分を取り戻すことができます。
(遺言による相続分の指定)
902条 1項 被相続人は、前2条の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。ただし、被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。
“相続の遺言が遺留分を侵害している場合”の詳細は »

相続における電話加入権の評価

相続では、東京国税局管内の標準価額は1回線当たり13000円とされています。

相続税の計算では、財産は時価で評価することになっています。
課税の公平性から財産評価基本通達に基づき評価をします。
“相続における電話加入権の評価”の詳細は »

特別に縁故のある者と普通の相続人との違い

特別縁故者による相続財産分与の申立てがなされなかった場合、 または分与がなされてもなお残余財産がある場合には、相続財産は国庫に帰属しますよ

相続人ではないが、被相続人と特別の縁故関係にあった者をさします。
特別縁故者への相続財産の分与というのは、特別縁故者の請求によって家庭裁判所が審判します。
“特別に縁故のある者と普通の相続人との違い”の詳細は »

« 過去の記事